奥川くん、その夢を神宮で叶えないか?

松井秀喜は本当に偉大な男だ。僕はこの文章を読んで、泣いたよ。


同校OBで巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(45)がコメントを寄せた。全文は以下の通り。

 結果は残念でしたね。見ていましたよ。決勝戦だけではなくて、インターネットで全試合見てました。でも、仕方がないです。勝者と敗者が必ず出てしまうのが野球です。履正社とお互いに精いっぱい戦って、負けたわけですから。決勝戦も非常にいい試合でした。7回の同点劇の攻撃なんか、素晴らしかった。チームとしては、奥川君を中心とした、まとまったチームに見えました。守備も良かったし、打線は苦しんでいましたが、智弁和歌山戦以降、爆発しましたね。今までの星稜だったら、智弁和歌山に負けて終わり。甲子園での死闘は必ず敗者になった。あの試合に勝てたことは、今までの星稜の歴史を変えてくれたと思います。令和元年、101回目の甲子園で、何か新しい歴史が始まる感じがしました。

 林監督については、選抜大会以降、彼も大変だったと思う。(謹慎の)2カ月間、野球を離れて、彼も自問自答し、新たな出発をしてここまで来られたことは、素晴らしいですし大きな財産になったと思います。でも、ここで優勝できないのが星稜。母校のそういうところも大好きです。何か新たな宿題が残った感じですね。また、新たなチャレンジをして全国制覇を狙ってもらいたいですね。ただ目標は全国制覇かもしれませんが、星稜高校野球部のモットーは、あくまでも、野球を通しての人間形成です。それが校訓である「社会に役立つ人間の育成」につながっていくと考えています。

 後輩たちのプレーにたくさん感動させてもらいました。林監督はじめ選手の皆さん本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
by 星稜OB・松井秀喜氏「ここで優勝できないのが星稜。そういうところも大好き」 準Vのナインに労い(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

Present is a gift, and I just wanna be



現地観戦記 -鹿島アントラーズ vs 横浜Fマリノス-

カシマサッカースタジアムに行ってきました。
恥ずかしながら初めてなんです。
日本一のサッカークラブは日本一のグルメスタジアム持ち。たくさんの屋台が並ぶ様は日本らしい祭り情緒がある。
f:id:throughthewire:20190810171449j:plainf:id:throughthewire:20190810164717j:plainf:id:throughthewire:20190810160649j:plain
人気店は平然と50人100人とか列が出来てしまうような混雑っぷりなんですが、接客のおばちゃんたちの丁寧さが印象的。ちょっとぐらい苛ついてもおかしくないだろうに、手際よく笑顔で温かく対応していく姿は美しかったね。
チームやサポーターだけじゃない。スタジアム全体、そこにいる人たち全員が揺るぎない自信に溢れていて、ドシッとした風格があるんだなぁと。
ホント奇跡的だ。こんなド田舎の奥まった地に日本最強のサッカーチームがあって、日本最強のサッカー文化を築き上げているんだから。
スタジアム自体も理想的なスタンド傾斜で見やすかったし、美しいピッチと熱すぎるサポのみなさん。
完璧でした。
あとスタジアムで聴くJ's Themeは最高だよね。泣ける。春畑さんは神。織田哲郎さんに次ぐ神。
www.youtube.com


今日の対戦相手は横浜Fマリノス。オリ10対決、というかオリ10生き残りラス2対決。
f:id:throughthewire:20190810175156j:plain
結構な数のサポが来てまして、これまた迫力があった。
お互いに揺るぎない歴史と自信があって、正真正銘名門対決にふさわしい雰囲気となっていた。
www.youtube.com



ここからはレビュー的に個々の選手について触れていこう。


大津祐樹
マリノスにいることは知っていたんですが、スタメンなんだね。よかったやん。久富ちゃんもニッコリやね。
遠目から見ても目立つスタイルの良さ。
鮮やかなテクニックとスケールの大きいプレーを実行できる心身の強さが持ち味で、若い頃はいろいろと無理できたんだろうけど、その間に引き出しや奥行きを増やすべきだった。結局はフィジカルゴリ押しプレイヤーでしかなかったんだと。そこから突き破れなかったと。
いっそのこと点取り屋としてがむしゃらに生きればよかった気もするけど、がむしゃらな大津祐樹なんて足の速い小林誠司みたいなもん、髪の毛フサフサな中居正広みたいなもんで、ありえませんよね。
昨日も特に効果的な仕掛けはないまま、普通に途中交代してました。

扇原貴宏
そうか、そういえばマリノスだよな。めぐりめぐって安住の地となってるんでしょうか。
彼のプレーを見るのは真面目にロンドン五輪以来になりますが、まぁほぼ予想通りに成長はゼロでしたね。
左足しか使えないし、展開力もない。運べないし、突けない。
あんなので司令塔気取りとか笑えんわ。
たくさんボールを呼び込みながら全体を前進させつつ一撃の楔を叩き込むのがあるべき姿だと、そんなこと言うまでもなさすぎるんですが。
最終ラインに吸収されながらボールを受け、そのまま真横にいる最寄りの味方にパス。これだけ。これ以外に何もやってない。
香川真司もそうだけど、責任を負うとか覚悟を決めるとか、そういうのは一切ないんだよな。勝負にいかないし、逃げる。
山口螢杉本健勇も含めてセレッソ産のA型選手は全く頼りにならん。
まぁぶっちゃけるとA型のスポーツ選手なんてほぼほぼ頼りになりませんが。
せめて長めのフィードとかミドルレンジの強烈なショットとか、そういうものがあればまだマシなんだろうけど、ないよ。まったくない。
もしかしたら僕の見てない間にディフェンスが上手くなってるかもしれない、って考えたが昨日も軽率に退場してたし、多分ないと思う。
上背はあるんで、最初からディフェンダーとして育てるべきだったのかもしれないが、足も遅いし話にならんわな。
やはりクルピの目は正しかった。レヴィは最初から扇原も山口螢も評価してなかった。アイツらが
五輪予選代表に選ばれた時にはめっちゃ驚いてたらしいからね。一体彼らの何を評価したんだと。
ちなみにロンドン五輪大迫勇也柴崎岳を外して、杉本健勇扇原貴宏を選んでいる関塚隆。クソすぎんだろ。メガネかけてるからって必ずしも知的な人間っていうわけじゃないんだと、日本人はこれからも胸に刻んで生きていくべき。

三好康児
数ヶ月前に頑張ってたあの人は噂通りのベンチメンバーでした。ありえんだろ。
まぁ確かにスーパーサブとしての運用はありかもしれん。実際昨日は後半途中相手の疲労が蓄積されてる状態での投入で、ハーフスペースにタイミングよく顔を出して何度もボールを引き出し、そこからスピーディーでスキルフルな仕掛けを披露していた。もし扇原が退場してなかったら逆転の芽は充分にあったはず。それくらい脅威になっていた。なっていたんだけど。
そんなコイツをベンチに座らせられるほどマリノスは選手層が充実してるわけでもなかろうに。ようわからん。

アゴマルチンス
全然知らなかったが、背が高くて落ち着いてるように見えた。パッと見いい選手。実際は不明。

渡辺皓太
マリノスのベンチメンバーの発表を何気なく見ていた時に「ん?渡辺皓太?渡辺皓太って、あのヴェルディの?」とビックリしていたら本当にそうだった。マジかよ。
もうすっかりドナドナ軍団になってしまって久しい古豪ですが、またしても流出は避けられなかったのね。せつねぇなぁオイ。
顔の井上潮音、技の渡辺皓太っていうのが近年のヴェルディの生え抜き2枚看板だったわけですが、技を失っちゃあ昇格とか夢のまた夢となってしまう...
しかも出荷先がマリノスって... オールドファンはブチギレだろうな。
まぁでもオールドファンは渡辺皓太みたいな技巧派小兵とか好きじゃないかもしれん。もっと戦えるヤツをって。
日産がテクニック重視の華麗なサッカー、読売が気迫を前面に押し出した果敢なサッカー、っていうのが勝手なイメージ。
とりあえず両者の健闘を祈ります。



マリノスは以上。あとはアントラーズについて。



ブエノ
足速いセンターバックっていいよな。上手く使いたいけどどうすりゃいい。っていうか枠の問題さえクリアできれば普通に町田浩樹より序列が上なんだな。もったいねぇ。

小泉慶
頑張りはわかるが、やっぱりサイドバックとしては走力に物足りなさがある。展開力も凡で、まぁ今日は右にセルジーニョが来てたんで守備一本で丁度よかったのかもしれないが、サイドバック起点の攻めがメインになる近年の鹿島においては正直きびしいんじゃないかなぁと思ってます。まぁたった1試合で決めつけるのは早計にも程がありますが。
使うなら当然ボランチボランチとしての才はある。あるはず。

小池裕太
アントラーズの左サイドバックは歴史的に右利きが多いんですけど、小池は珍しくレフティーです。
そこらへんが今までにない左でのスムースさに繋がっているような気がしていいんですけど、今日はいくつか守備の不安を露呈する内容となってしまった。
あの守備ならメッチャ攻撃で貢献しないと釣り合わんでしょうね。それこそ昔のアウグストみたいに。あれくらい推進力と得点力があったら誰も文句言えん。
まぁまだ若いので成長にも期待できる。待ちましょう。

三竿健斗
誰も言わんけど現日本最強潰し屋でしょ。運動量、スピード、サイズ、スライディング。
展開力には期待してないので、ミドルを磨いてほしい。
昨日は相当気持ちを爆発させてましたが、あんまり気負いすぎんなよ。思い詰めたり抱え込みすぎたりしないように。

名古新太郎
とりあえず凡。東野じゃないけどさ、いいところ探して言おうと思ってたけど、いいところはなかったよ。
まぁ昨日のメンバーはちょっと苦しかったっていうのはある。サイドバックサイドハーフもオフェンス能力に欠けていた。
とは言えフォワードに楔を入れたり裏突いたり、ディフェンスで身体を張ったりとか、そういうのはあってもよかった。
これだったら久保田和音の方が好みです個人的に。彼はレンタルバックできる感じなのだろうか。
っていうか平戸太貴... なぜ...

白崎凌兵
いい選手なのは間違いないし実際頑張ってたけど、実は使われる側の選手であって、上手く活かしてくれる司令塔がいない現状ではただのバランサーに近い感じで終わっている。活かしさえすれば目に見える結果が普通に出まくると思うので。

土居聖真
もっと、もっと絡んで欲しい。まぁ暑いし疲れてると思うけど、もっとボールを要求してほしいし、もっと関与してほしい。もっと責任感を出して欲しい。
調子も悪くなさそうだし、プレイスタイルも完成しつつあるので、あとはもっと数字にここだわってほしい。勝ち点も得点もアシストもすべて。

上田綺世
上位対決の重い試合で、その上いくつか不可解な判定で大いに苦しめられる形となったが、全て救ってくれた上田綺世のJリーグ初ゴール。それでいい。フォワードはそういう存在だ。
ポジショニングに天性のものはあるし、得点を取り慣れている厚みも感じさせる。点取り屋として申し分ない。
慣れれば普通にエースになれる。時間の問題で正直全く心配してなかったし、最高の瞬間に立ち会えて幸せです。
最終盤で見せた魂の鹿島り2連発には思わず涙が出そうになったよ。まだデビュー3試合目だというのに鹿島りの基礎は完璧にできてました。頼もしいぜ。
f:id:throughthewire:20190810203105j:plain


鹿島アントラーズ総評
ディフェンスから入って相手を嵌めるという戦術はほぼほぼ完璧に遂行できて良かったんですが、その一方で攻撃には難がありすぎました。
近年の鹿島は西大伍内田篤人遠藤康あたりのゲームメイクに頼りがちだったので、やっぱり彼らがいないとなると攻撃に流れが生まれない。特に右サイドバック永木亮太にしろ小泉慶にしろ、あるいは山本脩斗にしろ、ゲームメイク能力どころか単純にポジション適正外なのが苦しい。伊東幸敏が帰って来れば攻撃に奥行きをもたらせそうだが...
今年どういう結果になるかわかりませんが、とりあえずは来年必ず中盤と右サイドバックに試合作れる選手を補強してほしい。無理なら篤人にシーズンをフル出場してもらうしかないな。気合い入れろよ。
f:id:throughthewire:20190810203851j:plain

9月17日生まれにハズレなし!!!

みなさん朗報です。
f:id:throughthewire:20190801070928p:plain
我らが山口真帆のファンクラブが開設されました。
fc.yamaguchimaho.com
よろしくお願いします。
f:id:throughthewire:20190801071545j:plain
あと長らくお待たせしました公式サイト&"アー写"も更新されましたので、そちらもどうぞ。
www.ken-on.co.jp

村雲颯香、NGT48を卒業し芸能活動引退

世の中いいことばかりではないのさ。わかっちゃいたけど。
ngt48.com

【村雲颯香コメント全文】
本日はわたし村雲颯香から皆様にご報告があります。
わたし村雲颯香はNGT48を卒業します。

ずっとメンバーにもこの報告ができないままでいましたが、先日しっかりと卒業についての自分の気持ちをみんなに伝えることができました。
今日はファンの皆様に向けて、自分の言葉で卒業のご報告をさせていただくとともに、今のグループとしての気持ちをお伝えできればと思い、メンバー全員での動画撮影という形を取らせていただいています。

今年に入ってから両親とも話し合った上で卒業を決意し、2月の下旬から支配人に相談をしていました。
私はNGT48からの卒業と同時に芸能界を離れ、新しい夢に向かって進みます。
ファンの皆様にしっかりとご挨拶をしてから卒業をしたいという思いもあり、AKB48の55枚目シングルの握手会日程全てに参加してからの卒業をお願いしました。
最後の握手会は8月11日、卒業公演は8月の末に行っていただくこととなりました。

卒業を決めてからファンの皆様にご報告するまで期間が空いてしまい、今日までにいただいた皆様からの温かく前向きな応援の言葉を思うと心苦しい気持ちでいっぱいです。
それでも、私がこれまでに発信してきた想いに何一つ偽りはありません。
卒業まで残り僅かな期間ではありますが、その期間、ファンの皆様と、そしてNGT48のメンバーと真剣に向き合う期間にしたいと考えています。
卒業を決めてからもそう思うことができたのは、やはり私にとってNGT48が何にも代え難い大切な存在だからです。
しかし大切だからこそ、今のNGT48には変わらなくてはいけない部分もたくさんあると思っています。
そしてグループが変わっていくことは決して簡単ではないと、この数ヶ月間で身に染みて分かりました。
それでも諦めたくないのは、NGT48が変わる姿を見て欲しい人がいるからです。
もちろんわたし一人の力ではできることは限られています。
しかしメンバーだからこそ、そして私だからこそできる何かがあると考えています。
私たちメンバーはまたまだ未熟で至らない点も多くあります。
これまでの自分たちをどのように変えていかなくてはいけないのか、今日までメンバー同士でたくさん話し合ってきました。
それぞれが自分自身を見つめなおし成長していけるよう、ここにいるNGT48の大事な仲間と一緒に、卒業の日までNGT48のこれからに繋がる活動に全力で取り組んでいきたいと思います。
どうぞ最後の日までわたし村雲颯香の応援、そしてこれからのNGT48をよろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました。
以上、わたし村雲颯香からのご報告でした。
by NGT48 Mobile - NEWS

脱力感が尋常じゃない... いよいよ最悪を極めてしまった。
なんと書いていいのかわからない。


もふちゃんのいいところとか書き出すとキリがないんだけど。
彼女の一番際立った能力として、文章力を挙げたいと思う。
シャキッとした文章。ダレてない。展開力も語彙力もしっかりしてるし、サービス精神もあって、オチも用意してくれている。
ブログやツイッターがつまらないアイドルって推せないなぁと思いませんか。
文章力のあるアイドルが好きな僕にとって、村雲颯香は本当に理想的な存在でした。顔も好き。
聡明で鋭く、美しく、温かい。
そりゃどんな世界にいても輝けるし、誰からも愛されるに決まってる。
でもそんな素敵なあなたでも、変えられなかった未来。
本当にクソすぎんだろNGT48。


溢れんばかりの幸せと、輝かしくて眩しすぎるぐらいの未来を掴み取ってください。
もふちゃんならば、しっかりと未来を意志し、描くことができるから。
いつだって僕たち日本国民はあなたを応援しています。ずっと大好きです。
本当にありがとう。
www.youtube.com

そして1ヶ月ぶりにShowroom視聴

菅原りこの第2章、はじまりはじまり〜!!


どうやらりったんはまだ新潟にいるみたいですね。
いつもよりほんのちょっと大人っぽく振る舞おうとしてた感じもあったけど、まだ18歳だし、なんたって菅原りこなんだから、気張らずに肩の力を抜いて活動してほしいなぁと思いますよ。
現代社会ではおおよそ考えられないような穏やかさと安らぎに溢れた空間。ゆったりと時が流れていく。りったんの綺麗な声と素っ頓狂な喋りに包まれて、視聴者は心が癒されると同時に、知的好奇心も刺激されるという、なんとも摩訶不思議なShowroom体験っていうのが菅原りこ。
偽ったり誇張したりすることもない。ひたすら誠実にまっすぐに向かい合ってくれる。
りったんは本当に優しいんです。実質キリストですよ。ハートが本当に大きくて、神々しさすらある。
ファンをこんなにも想い愛してくれるんだから、こんなにもファンから想い愛されるんだよと。
視聴者数は30000人超え、東京タワーは驚異の50本という乱立っぷり。
ありがとう、りったん。お身体だけ気をつけて、頑張ってね。ずっとずっと応援してます。
ずっと大好きです。
vimeo.com